重曹はにきびや腹痛にも効くらしい

110517baking-soda_tips.jpg



重曹は料理にはもちろん、お掃除など、日常の様々な場面で活用できる万能アイテム。なんと、にきびや腹痛にまで効果があるそうです。

Photo by Tammy.

 

米誌『GOOD』では、重曹の便利な活用法を紹介。これによると、大さじ4杯の重曹にエッセンシャルオイルを10滴たらすと、デオドラントに使えるとか。また、熱いお湯で重曹をペースト状にすれば、にきびケアにもなるそうです。さらに、ぬるい湯に重曹を少々溶かすと制酸剤に。重曹が天然アルカリとして働き、酸によるお腹のトラブルをやわらげてくれます。

マイカーの脱臭や臭い靴のリフレッシュなど、脱臭への効果もさることながら、酢と混ぜて排水口をお掃除したり、歯磨き粉に加えればマジックインキ消しにも使える、重曹パワーおそるべし! ですね。

このほか、重曹の意外な活用アイデアをご存知の方は、ぜひコメント欄で教えてください!



Seven Surprising Ways to Use Baking Soda | Good

Alan Henry(原文/訳:松岡由希子)

 

■あわせて読みたい

  • 自分に合ったヨガを見つけて「はじめてのヨガ」を始めよう
  • デスクに座っていなかった時間の累計を計算・グラフ化してくれる「Stand or Die!」
  • ちょっと待った! 捨てる前に元々の価値を把握しておこう
  • 多忙な人にメールを読んでもらうための3つのメールエチケット
  • ピーラーを使えば固まったバターをスルリとはがせる




http://news.livedoor.com/article/detail/5600356/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。











坂田劉生

| 日記

ピル服用する理由 避妊目的は20%、80%は生理痛緩和など

 ピルをめぐる状況は、大きく変わっている。副作用がほとんどなく、生理痛や不調、にきび、更年期症状などの解消にも効果が実証されている。

 だが、日本でのピルの普及率は欧米に比べて非常に低く、わずか3%。それには低用量ピルの国内での認可が遅れたことも影響している。

 そもそもピルが初めて承認されたのはアメリカで、1960年にさかのぼる。1964年には日本でも、生理不順などの治療薬としてピルが登場した。

 しかし、1960年代のピルは女性ホルモンの含有量が多く、血栓症などの副作用が起こりやすいのも事実だった。しかし、その後、少ないホルモン量でも効果が発揮できるピルが開発される。

 エストロゲンの量が50マイクログラムのものを「中用量ピル」、それより多いものを「高用量ピル」、少ないものを「低用量ピル」と呼ぶが、1970年代にはすでに世界で低用量ピルが主流となった。この低用量ピルの出現により、前述の副作用も可能な限り抑えることができるようになり、胎児への悪影響などの事例も現在まで報告されていない。

 ところが、日本で低用量ピルが認可されたのは1999年で、諸外国よりはるかに遅かった。そこには日本人のピルに対する偏見があったと日本産科婦人科学会前理事長で慶応大学大学院医学研究科産婦人科学教授の吉村泰典さんはいう。

「ピルをのむと妊娠の心配がなくなるから平気でセックスをするようになり、性が乱れるといった、非常に誤った考え方があったからです。厚労省がピルを承認したときも、“ピルを解禁すると性が乱れる”という議論がありました。これには、日本が男性社会であることの影響もあったかもしれません」(吉村さん)

 だが、こうした偏見をもつのは男性ばかりではない。ある20代女性は、母親世代のピルに対する無理解に、こういってため息をついた。

「生理痛があまりにもひどいので、婦人科に通ってピルを処方してもらったら、母に“なんてふしだらな”といわれ、嫌な顔をされてしまいました」(20代女性)

 女性でも、世代が上になればなるほどピルへの抵抗感が強い傾向が見られる。

「日本でピルを服用している人のうち、避妊目的の人はたった20%。80%は違う理由、生理痛などの症状をやわらげるためにのんでいるんです。偏見をなくして、女性のQOLを高めるためのものとして、ピルをとらえてほしいですね。どんな薬にもリスクとベネフィット(効用)があるけれど、ピルはベネフィットが大きい割にリスクが少ない、珍しい薬なんですから」(吉村さん)

※女性セブン2012年7月12日号





http://news.livedoor.com/article/detail/6711878/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。















転職術

| 日記

OLの半数は「毎日肉食」…「ヨーグルト」で腸内環境を整備

OLの半数は「毎日肉食」…「ヨーグルト」で腸内環境を整備

写真拡大

森永乳業(本社・東京都港区)は28日、全国の20−40代の働く女性を対象に行ったアンケート調査の結果を発表した。8月29日の「焼き肉の日」にあわせた企画で、独身OLの8割以上が「焼き肉好き」と分かった。(画像は「森永乳業」提供)

 森永乳業(本社・東京都港区)は28日、全国の20−40代の働く女性を対象に行ったアンケート調査の結果を発表した。8月29日の「焼き肉の日」にあわせた企画で、独身OLの8割以上が「焼き肉好き」と分かった。また、「おなかの状態」に悩む女性も多く、回答者の半数以上が「将来、腸内疾患にかかる可能性が高い」の考えを示した。対策としては、「ヨーグルトを食べる」(44.0%)人が多かった。(画像は「森永乳業」提供)

 独身OLの82.0%が「焼き肉が好き」と回答した。「初めてのデートが焼き肉屋でもよい」は63.8%、「焼き肉女子会をしたことがある」は40.2%だった。焼き肉に限らず「肉好き」と答えた回答者は全体の85.1%だった。

 ちなみに、恋愛面でも37.6%が「恋愛肉食」と回答。恋愛対象としても、“草食男子”ではなく「恋愛肉食男子」を求めている女性が80.0%だった。

 恋愛面では「肉食志向」、食生活では「お肉もりもり」と元気一杯の感がある現代女性陣だが、健康や美容では悩みを抱えている。肌の状態は「毛穴が黒ずむ・目立つ」(67.6%)、「にきびや吹き出物が出やすい」(59.1%)、「むくみが出やすい」(58.0%)との結果となった。

 また、おなかの状態も思わしくない人が多い。「ガス(おなら)が出る」(64.7%)、「おなかが張りやすい・ぽっこりする」(65.6%)と6割超。さらに約半数の48.7%の人が「お通じが不規則・出にくい」と回答した。「自分の腸内環境は悪い」(53.8%)と自己評価する人も半数を超えた。

 「将来、腸内疾患にかかる可能性がある」も51.8%と半数を超えた。腸内疾患リスクを軽減する対策としては、44.0%の人が「ヨーグルトやヨーグルト飲料を摂(と)る」と回答した。ヨーグルトに注目している人は、「野菜など食物繊維の豊富な食品を摂る」(36.7%)や「水分をたくさんとる」(34.2)に比べても多く、最多だった。

 大腸がんのリスク菌とされるETBF菌(毒素産生型フラジリス菌)を除菌する機能を持つビフィズス菌「BB536」について、61.8%が「知らなかった」と回答した。しかし、「BB536」の働きを提示後、「BB536」入りヨーグルトの摂取意向を聞くと、90.2%の女性が「摂取したい」と答えた。女性の間では「腸によいものがあれば、積極的に利用したい」との意識が高いことが判明した。

 腸内環境学などを研究する辨野義己(べんの・よしみ)博士によると、肉を食べる際には、野菜とのバランスが大切。腸内環境を保つためには、肉を100グラム食べたら、その3倍の300グラムの野菜を食べるなど「肉:野菜=1:3」の割合にするのが理想的という。また、女性たちが積極的に食べているヨーグルトも、体内のビフィズス菌を修復し増やす働きがあり、腸内環境をよくするために欠かせないという。(編集担当:中山基夫)





http://news.livedoor.com/article/detail/6900810/

※この記事の著作権は配信元に帰属します。















幸せをつかむ転職術

| 日記
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>
お薦め優良無料レポート
■【シゲ爺流】 湯水のように溢れ出す 超簡単 不労所得実現法
■【シゲ爺流】 超初心者に送る!! 超簡単 ドロップシッピング入門
■【シゲ爺流】 SEO対策 アクセスUP!相互リンク集
■【シゲ爺流】 参加実践型 完全なる不労収入生活実現法
■【シゲ爺流】1日作業時間5分 サラリーマン お小遣い倍増実践法
■松下 誠の投資で失敗しない7つの法則
■宮川明&小川忠洋 アフィリエイト・トップ対談
■バカ売れ情報商材を作る4つのポイント
■ヤニクシルバー 「売上を倍増させる7つの顧客心理」
■アフィリエイトプログラムで稼ぐために、やってはいけない3つの間違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。